TEXT/YUBASCRIPT

Web開発とか生物学とかTwitterとかの話題を適当に書いてる

xmonadを使ったら1ヶ月で身長が20cm伸びるし宝くじで3億円当たるし合コンでモテるし体の悪いとことか大体治った

タイトルは釣りです。最近(5時間ほど前)Xmonadというのを使い始めたらいい感じなのでメモ。

xmonadとは何か

タイル型のウィンドウマネージャ。凡庸なウィンドウマネージャは「デスクトップにウィンドウを重ねる」という方式をとるが、タイル型のxmonadにおいては「画面を分割する」という方式をとります。

xmonadの何が良いのか

  • 画面を隙間なく使えるため、作業スペースが広がる
  • 見た目がかっこいい
  • キーボード主体なので慣れれば作業が爆速化
  • Haskellで動いてる
  • 名前がかっこいい
  • Vimと相性が良い
  • 複数ディスプレイにもしっかり対応
  • Haskellで動いてる
  • Haskellで動いてる

動作環境

X Window System上で動かすので基本的にはLinux、MacやWindowsでも出来るという言い伝えがこの村にはある

インストールと起動

$ sudo apt-get install xmonad
一旦ログアウトして、ウィンドウマネージャにxmonadを選択して再ログイン。

基本操作

とりあえずこれだけ覚えれば、大体普通のLinuxと同じように使える。
ターミナルを開く[alt]-[shift]-[enter]
xmonadを終了[alt]-[shift]-q
横分割・縦分割を切替[alt]-[space]
分割比率を変更[alt]-h/l
スクリーンを切替[alt]-w/e/r
選択ウィンドウを指定スクリーンに移動[alt]-[shift]-w/e/r

アプリランチャー

dmenuというテキストランチャのが便利。apt-getで入れて、[alt]-pで起動する。手のひらに明日をのせてる某社とは特に関係ない。

ファイルマネージャ

Ubuntuの標準ファイルマネージャ nautilus を普通に起動したら表示がおかしくなった。ぐぐってみると
$ nautilus --no-desktop --browser
と起動すればいいらしい。.bashrcにエイリアスを通しておくと良い。