TEXT/YUBASCRIPT

Web開発とか生物学とかTwitterとかの話題を適当に書いてる

世界大学ランキングから英語圏を除いてみた

上の記事を読んで。

日本の大学が「惨敗」している相手として挙がってるのが、ハーバード、MIT、オックスフォード、スタンフォード、ケンブリッジ...といった面子なわけですが、よく見るとこれらは全部アメリカかイギリスの大学ですね。「日本が惨敗」というより「英米が上位独占」というのが正しい現状認識でしょう。

これは実は当然の話でして、この手のランキングは英語圏が有利になるように出来ております。 基本的に大学の研究レベルというのは「論文の引用数」を通して評価されるのですが、当然ながら英語で書かれた論文のほうが、読める人が多いので引用数も伸びるわけで、必然的に英語圏が有利となるわけです。ランキングによっては堂々と評価基準を「英語で書かれた論文の引用数」と明記しているものもあるそうですし。

ロシアはこのようなランキングに対し「審査基準がおかしい」と国を挙げて批判を行なっているようですが、日本人はどうしてもランキングを鵜呑みにしてしまう傾向があるようです。大学内で研究している身からすれば、研究者個人のランキングならともかく「大学そのもの」のランキングなんて全くどうでもいいのですが。

というわけで英語圏の傲慢を打ち破るべく、英語を公用語とする国を除いてランキングを作りなおしてみました。

英語圏抜きの大学ランキング

有名どころの大学ランキングから、英語を公用語とするアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、香港を除いてみました。(カッコ内はもとの順位)

Shanghai Jiao Tong University Academic Ranking of Wrold Universities
  • 1位(20位) 東京大学
  • 2位(26位) 京都大学
  • 3位(37位) パリ第11大学
  • 4位(42位) カロリンスカ医科大学(スウェーデン)、パリ第6大学
Times Higher Education World University Rankings
  • 1位(12位) チューリッヒ工科大学(スイス)
  • 2位(27位) 東京大学
  • 3位(40位) スイス連邦工科大学ローザンヌ校(スイス)
  • 4位(42位) カロリンスカ医科大学(スウェーデン)
  • 5位(46位) 北京大学(中国)
Times Higher Education World Reputation Rankings
  • 1位(9位) 東京大学
  • 2位(20位) チューリッヒ工科大学(スイス)
  • 3位(23位) 京都大学
  • 4位(35位) 清華大学(中国)
  • 5位(41位) ソウル大学(韓国)
QS World University Rankings
  • 1位(13位) チューリッヒ工科大学(スイス)
  • 2位(29位) スイス連邦工科大学ローザンヌ校(スイス)
  • 3位(30位) 東京大学
  • 4位(34位) パリ高等師範学校(フランス)
  • 5位(35位) 京都大学
こんなかんじです。

1位を争ってるのが東大とチューリッヒ、それにパリや中国、スウェーデンが続くといった具合になりました。相変わらずロシアが入っていない事にはとりあえず目を伏せておきましょう。

あとドイツの大学が入らないのは、おそらくドイツの主要な研究組織がマックス・プランク研究所などの「大学以外」であることに起因すると思われます。日本でいえば東大よりも理化学研究所のほうが研究ランク的には上だと思われますし。